生活感たっぷりのトイレ、共通するダメポイントがコレでした

トイレの中の備品、どうしてますか? ペーパーや掃除グッズなどはそのまま置くと、どうしても生活感が出てしまいますよね。そこで今回は見た目と機能性を兼ね備えた収納アイテムを使って、北欧風にプチリフォームしてみました。 備品を買ったまま放置するのは 取りにくい上にダサい! トイレの棚に無造作に置かれたトイレットペーパーと掃除用具…。生活感あふれています。この備品たちを上手に収納できれば、トイレの雰囲気は格段にアップするんです。 掃除グッズの収納は 中身が見えにくいカゴが便利です IKEA RISATORP バスケット 実勢価格:999円 まずは掃除グッズをすっきりさせましょう。こちらのカゴが便利です。メッシュ部分の目が細かく中身が見えにくいので、ほどよく目隠ししてくれます。 そのまま置いていた掃除用具を、カゴの中にざっくりひとまとめ。見せたくないものを簡単にしまえます。 すぐに取り出せて使いやすいです。木製の持ち手に白のバスケットという組み合わせが、置くだけで北欧テイストにしてくれます。 トイレットペーパーは見せて収納 取り出しやすい吊り戸棚ラックです レック SG 吊り戸棚用バスケット(L) 実勢価格:969円 次はトイレットペーパーです。こちらの吊り戸棚ラック、ペーパーを収納したときに上にちょうどよいすき間ができ、取り出しやすいのが特徴です。 一度にトイレットペーパー6個を収納できます。色も白でシンプルなので、北欧テイストになじみやすいです。 手前に置くトイレットペーパーは ナプキンで包むと見た目もアップ 手前に置くペーパーにナプキンを巻くと、彩りが生まれてセンスアップします。 少しくすんだグリーンなど、北欧カラーのナプキンをトイレットペーパーに巻き、テープで仮留めします。 ナプキンの両端を芯の中に少しずつ押し入れて、できるだけ平らに整えたら完成です。 カゴと吊り戸棚ラックで、取り出しやすいスッキリ収納ができました。見た目も統一感があって雰囲気よくなりました! ちょっとの工夫で北欧テイストが取り入れられます。ぜひステキなトイレを仕上げてみてください。 360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。