定年後の住宅ローンがお悩み?安心の老後を送るためにできること

定年後の住宅ローンがお悩み?安心の老後を送るためにできること



住宅ローンは定年前に完済して、退職金は老後の蓄えとしてしっかり残すべき。一般的にはこのように言われています。しかし、教育費や家のリフォームなど、思わぬ出費で予定どおりに払い終えられなかった、というのもよくある話。
はたして、住宅ローンを残したまま定年後の生活がスタートしたらどのようなリスクがあるのでしょうか? ESSEでもおなじみのファイナンシャルプランナーで、家計再生コンサルタントの横山光昭さんが、そんなシニア夫婦の家計診断をしてくれました。
住宅ローンを残したまま、定年後の生活がスタート <高橋さん夫妻(仮名・千葉県)のプロフィール> 夫(63歳)、妻(61歳)のふたり暮らし。夫は定年後も継続雇用で働き続け、妻も週2回パートで働く。とはいえ、大金が手に入ったことで気が大きくなり、退職金を旅行や高級時計などにつぎ込んでしまった…という一面も。 <高橋さん夫妻の悩み> 退職金で住宅ローンを完済しようと考えていた高橋さん夫妻。しかし、定年前後の出費がかさみ、気づけば一括返済するゆとりはなし。夫は継続雇用、妻はパートで働いているが、住宅ローンの負担は重く、家計は赤字続き。貯蓄は目減りする一方で不安。年金生活がスタートしたらどうなってしまうのか…。今のうちに無理をしてでも、住宅ローンを完済すべきか悩んでいる。 <高橋さん夫妻の1か月の家計収支> 夫の月収(手取り)        ¥195,300 妻の月収(手取り)        ¥34,000 収入合計             ¥229,300 住居費              ¥87,000 ←Check1 食費               ¥48,000 電気料金             ¥8,000 水道料金             ¥4,500 ガス料金             ¥2,500 通信費(固定電話、携帯電話2台、プロバイダー)                  ¥11,000 日用品費             ¥8,000 被服費(クリーニング代含む)   ¥5,000 レジャー・交際費         ¥14,000 ←Check2 クルマ費(自動車ローン含む)   ¥24,000 ←Check3 交通費              ¥2,000 ←Check3 医療費              ¥10,000 小遣い(夫)           ¥20,000 小遣い(妻)           ¥20,000 生命保険料(夫)         ¥6,600 生命保険料(妻)         ¥2,800 その他(NHK受信料、理美容など) ¥13,000 貯蓄               ¥0 支出合計             ¥286,400 収支              -¥57,100 ボーナス収入           ¥0 現在の貯蓄            ¥17,000,000
引用:定年後の住宅ローンがお悩み?安心の老後を送るためにできること (ESSE-online) – Yahoo!ニュース



シェアする

フォローする