進化型シェアハウスがブーム?完全個室と多彩な交流スペースで「SNSのリアル版」

進化型シェアハウスがブーム?完全個室と多彩な交流スペースで「SNSのリアル版」

「ネイバーズ宮前平|物件TOP|ソーシャルアパートメント」より


 今、もっとも注目されるサービスに「シェアリングエコノミー」がある。簡単にいえば、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などのソーシャルメディアを活用した新たな経済で、遊休資産や個人のスキルといった無形資産のシェアを仲介するサービスだ。

 近年、若者の間で人気を集める「ソーシャルアパートメント(SA)」もそのひとつと目されているサービスで、うたい文句は“SNSのリアル版”。「シェアハウスにはないライフスタイル」を提案するSAは、従来のマンションのようなプライベート空間に加えて、ラウンジなどの共用スペースが充実している点が特徴だ。そのため、住人間のコミュニケーションがより活発化するとされている。

 SNS上だけではなく、現実の生活でも他人とつながっていたい……という人向けのコミュニティのようだが、なぜこのようなサービスが登場したのだろうか。そもそも、なぜそこまでして他人とつながっていたいのか。

●平均年齢27.6歳…若者が集う川崎市・宮前平のSA

 SAは、完全個室によってプライバシーは守られつつ、多彩な共用スペースで入居者同士のコミュニケーションを楽しむことができる。また、一般的なシェアハウスと比べて物件の規模が大きく、プライバシー保護に力を入れている点で差別化されている。そのため、入居者は「1人暮らしでありながら、通常の1人暮らしでは難しい豪華なラウンジを使える」といったメリットを享受することができるわけだ。

 たとえば、東急田園都市線宮前平駅から徒歩7分の場所にある「ネイバーズ宮前平」は社員寮をリノベーションしたSAで、ラウンジやキッチン、コワーキングスペースなどの共用スペースを持つ。運営するグローバルエージェンツの吉田主恵さんによると、現在84人が生活しているという。

「住人同士のコミュニケーションの活発さが特徴です。ラウンジなどで日常的に他人と交流を持てる暮らしは、まさに“SNSのリアル版”といえます。他人と同居しながらも、プライベートな生活はちゃんと保たれている。その点に魅力を感じる人が多いようです」(吉田さん)

 SAの部屋にはさまざまなタイプがあり、水回りは共用の1BRから1K、1LDK、さらにバス・トイレ・洗面台の3点ユニットやキッチンを備えた個室も用意されている。アパートの立地や間取りによって差はあるが、家賃も月4万〜10万円代と幅広い。

 そして、最大の特徴は住人たちの年齢層だ。「ネイバーズ宮前平」の場合、平均年齢は27.6歳。1980年以降に生まれた“ミレニアル世代”が中心だという。

「SAが誕生したのは2005年。当時は、ミクシィやフェイスブックなどのSNSが若者に普及し始めた時期でした。その後、SNSの発達に伴い、“SNSのような暮らし方”が若者たちに広く受け入れられ、蒲田の17戸から始まったSAは、今や都内を中心に全国36棟に増えています」(同)

●“家族”と“個”の中間を求める若者たち

 しかし、「SNSのような暮らし」といわれても、ミレニアル世代より上の団塊ジュニア世代などには、「その魅力がわからない」という人もいるに違いない。

 他人と暮らしながらもプライバシーは守られているというが、プライバシーが大事なら、最初から1人暮らしをすればいい。わざわざ他人と暮らす理由がピンとこないのだ。

「ミレニアル世代の若者たちは、“家族”と“個”の中間を求めているのではないでしょうか」と分析するのは、社会学者の新雅史氏だ。

「かつての日本社会では、家族と一緒にひとつ屋根の下で暮らすのが当たり前で、そのほうが経済的にも合理的でした。しかし、ある世代より下の世代にとっては、家族化するよりも個人で住むほうが楽で、コスパもいい。そんなパラドックスが生まれ始めたのです」(新氏)

 それは、統計にも表れている。国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、50歳まで一度も結婚したことがない人は15年に男性で4人に1人、女性も7人に1人。生涯未婚率は過去最高を更新している。

「結婚して家族を持ってこそ一人前」といった昭和的な価値観が薄まり、特殊離婚率は年々増加して30%を超えている。他人と暮らすストレスに加え、今の日本では家族をつくりたくても経済的・社会システム的な理由で困難な部分もある。そんな事情から、“家族”よりも“個”を選ぶほうが合理的というわけだ。

 ただし、ややこしいのは、彼らがコミュニティを完全に拒否しているわけではないことだ。

「以前の住まいのあり方は、『結婚して家族と住む』『1人で暮らす』のどちらかでした。いわば“家族”と“個”の2つの選択肢しかなく、そのために苦しむ人が多かった。ミレニアル世代は、そんな上の世代の苦しむ姿を反面教師にすることで、新たな住まいのかたちを選び始めたのでしょう」(同)

 確かに、従来の1人暮らしはプライバシーは守られる一方でコミュニティの機能はないに等しかった。そこを補完したのがシェアハウスだが、SAにはより“家族”と“個”の中間的なコミュニティが存在する。

 実際、SAの住人に話を聞くと、「入居者同士は親戚のような関係性だ」と語ってくれた。

●都内の住宅地に“中年版シェアハウス”が誕生か

 新氏は、「シェアハウスやSAのような住まいのかたちは、今後どんどん増えていくだろう」と予測する。そこにあるのは、若者を取り巻く厳しい社会状況だ。

「今の若者たちは、将来的に賃金が上がるという明るい見通しがない。また、将来的に3人で1人の高齢者を支えなければならなくなるため、逆に出ていくお金は増える。『住まいにコストをかけたくないし、かけられない』という経済的状況があります。

 年齢とともに出世して賃金が上がり、結婚してマイホームを持つといったロールモデルは、とっくの昔に崩壊している。それなら、住まいにもシェアハウスやSAなどのさまざまな選択肢を持つことで、『生きやすさ』を獲得するしかありません」(同)

 この状況は、若者に限った話ではない。“家族”ではなく“個”を選んだ若者も、時間の経過とともにいずれ若者ではなくなるからだ。

「ミレニアル世代の若者たちも必ず年を取り、そのうち体が弱っていく。近い将来、そうした人たちのための新しい住まいが登場するかもしれません。東京でいえば、杉並区や練馬区あたりの住宅地に“中年版シェアハウス”が増えていくのではないでしょうか」(同)

 その頃には、シェアハウスやSAが「住まいの新しいかたち」として、すっかり定着しているかもしれない。
(文=森江利子/清談社)




シェアする

フォローする