高級オーダーTVボードはこちらで受け付けています【全国対応】

元ナンバーワンホストが「キャバクラの空間デザイン」で勝利


元ナンバーワンホストが「キャバクラの空間デザイン」で勝利
 秋葉達雄さん(45)は異色の空間デザイナーである。その対象は内装だけでなく、現在は建築にも広がっている。では何が異色なのか、ひとえに経歴にある。建築もデザインも正式に学んだことはなく、まったくの独学なのだ。

「新宿・伎町の繁華街で、20歳から36歳までホストをしていました。誰よりも一番になりたい気持ちが強く、誰よりも研究して20歳から33歳までナンバーワンを連続で154カ月、約13年間続けました。

 それだけこだわっていたトップの座を、33歳のときに21歳の子に奪われました。本気でやって負けたので、本来ならその瞬間に引退を決意するのですが、それから引退するまで、落ちぶれていく自分と3年間つき合いました。

 売り上げも上がらずマインドもやさぐれて、けっこう自暴自棄になってしまって……。きちんとしないと本当にヒモのような生活になってしまうし、とはいえ、いまさらサラリーマンにはなれないと思っていたので、35~36歳のときはどのような仕事に就くか、迷走していました」

 ナンバーワンを13年間も続けられたのは、人の心を掴むことやその場の雰囲気を察知する能力に優れていたからだ。その能力を女性にではなく、空間デザインに使ってみようと考えた。

 もともと絵を描くことが好きだったし、勤めていた店をリニューアルするとき、業者にいろいろ指示をして出来上がった内装が評判にもなった。ホストを辞めた仲間たちが経営者になり、内装の相談に来ることも多く、その関係からキャバクラのデザインを頼まれた。

「『できます』って、軽い気持ちで返事をしました。ところが、内装の予算が2000万円と聞き『うわー、まずい』。そんな大きな仕事をしたことがない素人だと自覚し、慌てて勉強しました。

 その結果、オーナーに手を握られて『最高です』と大喜びされました。もう、鳥肌が立ちましたね。そのとき、自分の中でこの仕事をやりたいという気持ちが、しっかりとしたものになりました」

 こうして空間デザイナー・秋葉達雄は誕生した、というわけではない。

 最初の仕事を終えると、秋葉さんはパソコン1台を持って海外へ出た。美しいと思う対象をひたすらCGで描く旅である。独学で覚えたCGをさらにリアルなものにするためだ。CGを立体的に描くたびに建築知識も少しずつついてくる。

 期間は2年にわたり、世界中の主要都市はすべてまわった。洒落たクラブやバーがあると聞けば、どこへでも行った。

 旅を終えた秋葉さんは、シェアオフィスの1台の机から本格的な空間デザイナーへの旅を始めた。40歳のときだ。狙いを歌舞伎町に絞った。ホスト時代に身をもって感じた、客、ホストにとって心地よく、売り上げの上がるクラブ空間の創造を目指した。

「僕が作った店が繁盛しているという噂が噂を呼びました。現在は歌舞伎町だけでなく、北海道から九州までの主要都市で、ホストクラブのデザインだけで90店を超えています。この業態のデザイン会社としては間違いなく日本一だと自負しています」

 2013年、41歳のときに転機がめぐってくる。クライアントの層を広げるために起業家3500人の集まりである「パッションリーダーズ」に入会したが、その会のひとつの目玉である会員用サロンが改造されることになった。その設計コンペに参加したのである。

「CGは描けるけど図面は引けない。居抜きの店舗しか実績がない状態でしたが、せっかく来たチャンスなので、やれると言ってしまいました」

 そこで、設計会社のように図面ではなく、デザインを100枚のCGに描いて動画にした。それを動画配信サイトにアップロードして、コンペ前に見てもらえるように、抜き打ちでメッセージとともに代表に送った。

 プレゼンテーション用の動画の迫力とリアル感、説得力は圧倒的だった。完成した部屋のソファの模様や色まで鮮やかに描かれていた。

 東証一部上場企業の社長でもある代表は、おもしろがってコンペを止めて秋葉さんの作品に決めてしまった。そして大阪のサロン、社長室、セミナールームまで秋葉さんの事務所が手がけることになった。

 CGをまず描き、それを図面に起こす。これが秋葉スタイルで、最大の強みだ。時代も味方した。

「僕たち、入口を間違えてしまったので、CGからやっていくしかなかったが、CGの進化にうまく乗っていくことができました」

 10月には依頼されたヘリポートつきの斬新な別荘も完成する。

「うちは外国人スタッフがいて言葉の壁がありません。CGは世界共通言語なので、これで海外の別荘やクラブを設計するデザイン会社になりたいし、なろうと思っています」

 目標は高いが、百戦錬磨の秋葉さんなら難なく実現させそうだ。
(週刊FLASH 2017年9月12日号)









«
»

管理人: k-design

k-design

住宅の特注家具の設計及び施工管理: カワジリデザイン(k-design) H5年~現在: 家具データ販売・ 家具アドバイザー・ 家具に関する記事のライティング

  • google k-design
  • アメブロ k-design

人気記事一覧